静岡県民総ラッパー宣言。

おじいちゃん、おばあちゃん、ラップです。
お父さん、お母さんも、
ぼっちゃん、おじょうちゃんも、ラップです。
いえいえ、チンするほうではありません。
熱くなるという意味では同じですが、
若者たちが好む音楽のほうのラップです。
若者たちは、自分の思いや世の中への
不平不満などを、
リズムにのせて熱く語っているのです。
フツーに言うよりも、
リズムに合わせて言うほうが、
聞く人の心を震わせ、気持ちが伝わるのです。
そんなラップの力を借りれば、
おとなしい静岡のみなさんも、
自分のことを主張しやすくなるのでは
ないかと思いました。
これからの夢。自分自慢。町自慢。
孫自慢。謝罪。反省。
お昼に食べたもの。買ってほしいもの。
プロポーズ。離婚宣言。
なんでも結構です。
今の思いをラップしているあなたの姿を
撮影して送ってほしいのです。
その全てをウェブ上にアップします。
そのうち5名の方は、
超ドSフェスタしずおかのステージ上で
披露していただきます。
ラップは難しくありません。
普段のあなたの口調で話すだけでも、
音楽と一緒ならそれっぽく聞こえるものです。
大丈夫です。二の足踏まずに、
韻を踏みましょう。
みんなのラップで静岡を包んでチンしたら、
静岡は日本でいちばん熱い場所になるでしょう。

SHIZURAP のルールとコツ

みんながすぐにSHIZURAP できるように、ルールとコツをまとめました。
お手本リリックをみながら、自分でもやってみよう。

(1)

<8 小節>

(2)ふじさん 登ってrising sun
みかん食べればyes we can
お茶の入れ方教えてteacher
サクラエビ うまくて うなる うmaybe
駿府城でまた会おうかYEAH!YASU!
アイスで知ったお茶の苦み地元愛
青葉公園でお顔ニンマリ相思相愛
届けこの歌富士山頂まで
(3)この夏はきっと
あの夏になり残る
響く歌 城のメロディ
忘れない僕らが出会えた夏

(1)

<4 小節>

みかん食べてエネルギーチャージ
いざみかん! いざ行かん!(コツ)
のぞみはないが希望ならある
いざひかり! いざこだま!
この夏はきっと
あの夏になり残る
響く歌 城のメロディ
忘れない僕らが出会えた夏(3)

ルール1「8 小節or4 小節でリリックを書くべし」

ラップを乗せるためのトラックは、4 小節バージョンと8 小節バージョンを用意した。
お手本のラップを聞いて、自分が好きな方で熱いリリック(歌詞)を書こう!

ルール2「静岡に関するワードを1つ入れるべし」

富士山、地元愛、静岡、お茶、みかん、うなぎ、桜えび、のぞみなし、
サッカー王国、駿府城、フェスタしずおか etc…
地元をRepresent(代表)するワードを入れよう!

ルール3「サビは自由にアレンジすべし」

サビも自由に書き換えて、
オリジナリティを出していこう!

コツ「韻を踏むべし」

「”いざいかん!” (i-a-i-a-n)」
「” いざみかん!” (i-a-i-a-n)」
のように言葉の母音を合わせると気持ちいいし、
なにより、リリックが書きやすいぞ!